読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンダースタンド!

わかりやすく、伝えたい。

対象機種なのに判定×でSIMロック解除できない!? この問題の原因と解決方法をまとめたよ

f:id:ohsera-subaru:20170410000848j:plain

こんにちは、オオセラスバルです。

ぼくは現在、格安SIMといわれる「LINEモバイル」に乗り換えしてiPhoneを使っています。そのおかげで、いまの月額料金は2,000円くらいになりました。

そういうこともあって、先日うちのヨメさんのiPhoneもLINEモバイルに乗り換えたんですが、そのときにちょっとびっくりしたことがあったので、このブログでシェアしたいと思います。

 

SIMロック解除対象機種なのに、解除できない!?

自分がLINEモバイルにすんなり移行できたもんだから、ちょっと油断していたのかもしれません。

いざ申し込む段階になって、SIMロック解除を忘れていたことに気づき、auのホームページから解除しようと試みました。

www.au.com

 

で、調べたら「SIMロック解除できない端末です」の表示が!!

・・・そんなバカな!!!

ヨメさんのは「iPhone 6s」なのでSIMロック解除対象機種だし、auが定めるロック解除の条件もクリアしていることはちゃんと確認済みでした。

なのにそれができないというのはどういうこっちゃということで、いろいろ調べてみました。

まずはおさらいで基本的な用語をみてみましょう。

 

SIMカードとは

f:id:ohsera-subaru:20170309132228j:plain

iPhoneをはじめとしたスマートフォンに挿入されている小さな通信用カードのことです。このカードを挿すことで、キャリアのネットワークを使って電話やモバイルデータ通信ができるようになります。

 

SIMロックとは

iPhoneを販売しているDocomo(ドコモ)、au、softbank(ソフトバンク)の三社が、それぞれのキャリアのSIMでしか通信できないように規制をかけている状態をSIMロックといいます。

たとえば、以下の条件でしか通信ができないように規制がかけられています。

・Docomoで購入したiPhone → DocomoのSIMカードのみ
・auで購入したiPhone → auのSIMカードのみ
・softbankで購入したiPhone →softbankのSIMカードのみ

 

SIMロック解除とは

上記の規制を解除することです。

たとえば、auで購入したiPhoneはSIMロックがかかっていますが、解除すればDocomoやsoftbankのSIMカードを挿して利用できるようになります。

f:id:ohsera-subaru:20170410005657p:plain

格安SIMに乗り換えを考えている場合、このSIMロック解除が必要なことがあります。

詳しくはこちらの記事もぜひご覧くださいね。

under-stand.hatenablog.jp

 

SIMロック解除対象機種

2015年5月以降に発売された製品が対象です。

iPhoneの場合、以下の通りです(2017年4月8日現在)。

・iPhone 6s, iPhone 6s Plus
・iPhone 7, iPhone 7 Plus
・iPhone SE

 

auが定めるSIMロック解除の条件

対象機種の条件:事前にご確認ください
SIMロック解除は以下の条件をすべて満たすau携帯電話などが対象です。
2015年5月以降に新たにauで発売されたSIMロック解除機能対応のスマートフォン/タブレット/Wi-Fiルーターなどであること。SIMロック解除対象機種一覧のご確認はこちら
※2015年4月23日発売の「Galaxy S6 edge SCV31 」についても、SIMロック解除の対象となります。
機種購入日から181日目以降であること。
※ご購入日当日を「1日目」とします。
※上記の条件を満たしている場合でも、故障がある場合は修理完了後のお手続きとなります。
ネットワーク利用制限中のau携帯電話でないこと。

引用: SIMロック解除のお手続き | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | au

 

ちなみに分割支払いの途中でも、問題なくSIMロック解除できます。

 

問題 

あらためて、今回の問題をふりかえります。

SIMロック対象機種だったのに、auのサイトで解除しようとするも、判定×との表示がでてしまいました。このままではSIMロック解除できません。ではどうすればいいか?

 

原因

シンプルにいうと、iPhoneを修理/交換したことがあるのが原因と思われます。

じつはヨメさんのiPhoneはバッテリーが突然シャットダウンする問題が以前にあり、AppleでiPhoneを交換してもらっていました。

iPhoneは交換するとシリアル番号やIMEIが変わります。そのため、機種購入日がきちんと反映されていなかったのではないかと思われます。

 

解決方法

auサポートに問い合わせて以下のように話しました。

というのも、 auのコールセンターの中で、この情報が周知されていると思えなかったのです。実際に話してみても「うーん、対象機種ですしできるはずですよね...」と担当の方も検討がついていなかったので。

 

ぼくの場合はこんな言い方をしました。

『ネットで調べたことなので恐縮ですが、おそらく修理/交換したことでIMEIが変わったことが原因だと思われます。

ぼくと同じ現象が起きているひとの記事をネットでたくさん見かけたのですが、みなさん修理/交換履歴がある方でした。

念のために確認していただき、SIMロックを解除いただけないでしょうか?』

 

注: 店舗に来店してSIMロック解除を頼むと、<SIMロック解除手数料3,000円(税抜)>が別途かかります。ご注意ください。電話で依頼する方が早いしお得です!

 

auサポートの対応

担当の方から「調べて折り返しいたします」と言われましたが、すぐにお電話いただけました。

原因については明言を避けておられましたが、SIMロック解除をしていただけるとのこと。通常では1週間から10日と案内されました。

 

しかし、困っている旨をやんわりとお伝えし、できる範囲で急いでもらえると助かりますとお伝えしたところ、...もっと早くに連絡をいただけました!

(具体的な日数を書くと、この対処に対するauさんへの期待値が高くなってしまうのでここでは伏せますが、とても早かったです!)

そして無事に、ヨメさんのiPhoneもLINEモバイルで運用スタートできました。 

もうやめるひとなのに懸命にサポートいただいて...auのなかのひと、ほんとうにありがとうございました!

 

まとめ

・SIMロック対象機種だったのに、auのサイトで解除しようとするも、判定×との表示がでてしまったひとは、過去にiPhoneを修理/交換した可能性が高い

・auに電話で問い合わせすればSIMロック解除してもらえる

 

さいごまでお読みいただきありがとうございました。

以上、オオセラがレポートしました :D

(おしまい)

 

 --- あわせて読みたい記事 ---

under-stand.hatenablog.jp

under-stand.hatenablog.jp

LINEモバイル