アンダースタンド!

わかりやすく、伝えたい。

非日常空間!高尾にある『うかい鳥山』にいってきたよ

こんにちは、オオセラです :D

先日のことですが、東京は高尾にある、いろり炭火焼料理『うかい鳥山』に行ってきました。今日はそのときのことをお伝えしたいと思います。

結婚記念日のお祝いで、子ども(0才と4才)連れで行けるレストランを探していました。しかし、なかなか見つけられず...。いいなと思ったところがすでに予約いっぱいだったり。最終的に、以前にちがうお祝いで行ったときにとても満足度が高かった『うかい鳥山』に決めました。

都内からだと高速つかって早くても1時間くらいかかるでしょうか。送迎バスも出ています。ビールも飲みたい!というひとは電車で送迎バス利用という手もありますね。

送迎バス: 京王線高尾山口駅前発 10:00~20:00 

営業時間・アクセス - 東京・高尾 いろり炭火焼料理「うかい鳥山」

ちなみに、当日は事故渋滞が起きて予約時間に遅れることになったのですが、電話すると「最終受付の20:00までにお越しいただければ大丈夫です。それよりも遅れそうな場合はまたご連絡ください」と仰っていただけました。 

 

f:id:ohsera-subaru:20170509151017j:plain

写真ブレブレです、ごめんなさい;雰囲気だけでも感じてもらえたら。ライトアップされてとてもきれいでした!

f:id:ohsera-subaru:20170509150011j:plain

f:id:ohsera-subaru:20170509150022j:plain

ベビーカーや車椅子でも入れるように、スロープもありました。今回は個室をお願いしていたのですが、行く途中の景色もとても素晴らしく、非日常的な空間を味わうことができました。もしかすると、これがすでに前菜なのかもしれません...!

 

f:id:ohsera-subaru:20170509145747j:plain

部屋に入ると、とくに頼んでいないのに赤ちゃん用の布団が用意されていました!こんなんされたら感動するわ!

他にも、予約する時に「お祝いの席なんです」とお伝えしていたからか、箸を入れる袋にも「寿」の文字が入っていました。こういうちょっとした演出、嬉しいですね。

 

年に一度の記念日ということで、今回は奮発して石焼牛コースにしました。えへ。

コース

・焼胡麻豆腐
・丸茄子揚煮
・本日の港より
・鶏つくねと蕨汁
・山家蒸し
・特選和牛肩ロース石焼
・麦とろ御飯 味噌汁 香の物
・葛饅頭

 

長男くん(4才)にはお子様コースを頼みました。これもけっこういい値段がしてビビる。しかし、今日はお祝いの席、き、気にしないようにしよう!(白目)

f:id:ohsera-subaru:20170509145817j:plain

 

出てくるものは妥協がありません。ひとつひとつ味がしっかりとしていて、先ほどまで食べていた料理の余韻が重なり、口の中でハーモニーを奏でます。

f:id:ohsera-subaru:20170509145757j:plain

f:id:ohsera-subaru:20170509145847j:plain

 

このように串焼きも堪能できます。タレに二度漬けします。口に運ぶと、舌がゾクゾクっとしてふるえるんよ〜!!焼いた後の写真を撮るのを忘れるくらい、夢中で食べてしまいました(言い訳)

f:id:ohsera-subaru:20170509145918j:plain

 

そしていよいよメインの牛石焼の登場です!

f:id:ohsera-subaru:20170509145939j:plain

これを名前の通り、ジュージューと石焼にしてやります!

あ〜これまた興奮しすぎて焼いた後の写真を撮り忘れたー!

 

さいごは名物とろろ御飯と味噌汁、香の物。さきほどまで贅沢の限りを尽くした口の中を、さぁーっと落ち着かせてくれます。しかもこれまた美味しいのです。

f:id:ohsera-subaru:20170509150001j:plain

 

さいごに、「お祝いの席にご利用いただきありがとうございます」と一輪挿しのバラもいただきました!

公式ホームページはこちらです。もっときれいな写真でいろいろご覧いただけます。

www.ukai.co.jp

 

とくに小さなお子様がいるご家庭は、予約するときには個室が絶対にオススメです!小さなこどもとお出かけする時にはまわりに気を遣いますよね。ひとつひとつの個室が離れみたいになっているので、少々騒いでも大丈夫です。

 

本日もさいごまでご覧いただきありがとうございました。

以上、オオセラがお届けいたしました :D

(おしまい)

 

同じ食レポ系だとこういう記事も書いています :D

under-stand.hatenablog.jp