読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンダースタンド!

わかりやすく、伝えたい。

【iPhone Tips】マナーモードでもOK!iPhoneの場所を音で知らせてくれるアプリ『iPhoneを探す』

f:id:ohsera-subaru:20170507001547p:plain

わーい、ゴールデンウィークはほぼ全部お仕事のオオセラです :D 

みなさん、楽しい休日を過ごされていますか?

久々のiPhone Tipsです。今日はぼくがふだんよく使っている『iPhoneを探す』アプリの便利な使い方をご紹介します。

 

こんなときに便利

iPhoneをどこに置いたかわからなくなった、そんな経験はありませんか?家の中にあるはずなんだけど、どこに置いたか忘れてしまった...。マナーモードに設定していると、電話をかけても着信音が鳴らないので探すのに苦労しますよね。

そんなときにこのアプリを使えば、マナーモードであろうがなかろうが音を鳴らしてお知らせしてくれます。もちろん、iPhoneの場所も探すことができます。

 

事前に準備しておくもの・こと

1) 対象のiPhoneがiCloudにサインインしていて、かつ「iPhoneを探す」機能がオンになっている必要があります。

*iOS 10.3以上の場合、『設定』アプリから下記図のようにアクセスすると、オンになっているかオフになっているかチェックできます。

f:id:ohsera-subaru:20170507001550p:plain

2) 対象のiPhoneを探すために、パソコンまたはiOS搭載デバイス(iPhone、iPad、iPod touch)が必要です。

3) 対象のiPhoneの電源がオンになっている必要があります。

 

『iPhoneを探す』アプリとは

その名の通り、なくしてしまったiPhoneを探してくれるアプリです。iOS 10からは標準でインストールされているみたいです。もしインストールされていなくても大丈夫、App Storeから無料でダウンロードできますのでご安心ください。

『iPhoneを探す』アプリには、居場所を表示させる機能だけでなく、他にも3つの機能が含まれています。

・音を鳴らす
・紛失モード
・リモート消去

今回はそのうちの「音を鳴らす」機能をクローズアップしてお届けいたします。

参照: iCloud - iPhone、iPad、Macを探す - Apple(日本)

 

『iPhoneを探す』で音を鳴らすには? 

a) 他のiOS搭載デバイス(iPhone, iPad または iPod touch)が手元にあるとき

1. iOSデバイスから『iPhoneを探す』アプリを起動します。

2. なくしたiPhoneで利用しているApple IDとパスワードを入力してサインインします。

3.「所在地を確認しています...」とコンパスのアニメーションが表示されるのでそのまま待ちます。 

4. 地図上にある対象のiPhoneをタップします。 

5. 「サウンドを再生」をタップします。

 

b) PCをつかうとき

1. https://www.icloud.com にアクセスします。

2. なくしたiPhoneで利用しているApple IDとパスワードを入力してサインインします。

3. 「iPhoneを探す」アイコンをクリック → 「所在地を確認しています...」とコンパスのアニメーションが表示されるのでそのまま待ちます。 

4. 地図上にある対象のiPhoneをクリックします。 

5. 「サウンドを再生」をクリックします。

 

できあがり 

これで音が鳴ります!ほら、聴こえてきますよね?


Amazon: ねぇ(初回限定盤)(DVD付)

 

マナーモードにしているとき、

iPhoneがないぞ → 電話をかけてみるぞ → 耳をすましてバイブレーションの音を聞き取るぞ、ということをしなくてもよくなるわけです。これは困った時にやってみると存外に便利ですぞ。

iPhoneが見つかったら、対象のiPhoneでロック解除操作をしてあげると音が止まります。

実際にぼくはこれ、ほんとよく使っています。それだけよく家の中でどこに置いたか忘れてしまうのですが...。

こんなことですが、誰かのお役にたてれば幸いです。 

さいごまでご覧いただきありがとうございました。

以上、オオセラがお届けいたしました :D

(おしまい)